【要注意!?】ニキビ潰して大丈夫?潰すタイミング・方法・やり方!

HOME > ニキビに関する悩みを解決 > 【原因は何?】にきびは何故できてしまうのか?

なんでニキビが出来てしまうの?原因について

10代〜20代の悩みとして多いのが「にきび」ですが、なぜ顔(鼻・顎・おでこ)、背中、おしりなどに出来てしまうのか?ニキビが出来る原因についてご紹介します。

ニキビの原因を理解することは大事なこと

ニキビの悩みを抱える人は多いのに、意外とその原因を知らない人もいます。

甘いものを食べすぎたから、洗顔法が間違っていたから、夜更かししたから・・・
では、それらの行為から体はそんな反応をし、ニキビを作り出しているのでしょうか?
2012186956787.jpg
ニキビがなぜ出来るのかを知っておかなければ予防も対処もできません。
ニキビの出来る原因を探り、よく理解しておきましょう。

ニキビの出来方と色で見る段階

通常、身体から分泌されている皮脂は、毛穴を通り老廃物として体外に押し出されますが、皮脂が分泌しすぎると毛穴からうまく排出されずに、毛穴を塞いでしまいます。

毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が増殖してしまうことで炎症を起こしてしまうのが「ニキビ」です。

ニキビがどの状態であるかは、ニキビの色を見て判断できます。

白ニキビと呼ばれるものは毛穴がつまってしまった状態であり、そのまま黒くなった黒ニキビは白ニキビの皮脂が酸化を起こしたものです。


初期の白ニキビから赤くなった赤ニキビはアクネ菌によって炎症を起こした状態で、
赤ニキビの炎症がひどくなると、肌の中に膿がたまるようになり、ヘタに潰してしまうことでニキビ跡を作る原因になってしまいます。

なぜ顔にばかり出来るのか?

主にニキビは顔に出来ますが、それは顔には20万個もの毛穴が密集しているためです。

おでこや鼻、あごなどは皮脂が分泌しやすく、ニキビが発生しやすい場所であることは分かりますが、意外にも皮脂の少なそうな頬にニキビが発生することもよくあります。


これは頬が乾燥しがちなため、皮脂がうまく排出されずに毛穴につまってしまう為です。
皮脂はバランスが重要なため、排出しすぎても、排出されなくてもダメなのです。

毛穴の多い顔は、ほどよいバランスで皮脂が分泌され、洗顔などで古い皮脂は洗い流されていくことが理想です。

そのバランスがうまく保てないことで、ニキビが出来やすくなってしまいます。

ニキビにはホルモンバランスが関わっている

皮脂の分泌にはホルモンバランスが大きく作用します。

生活の乱れや、偏った食生活、ストレスに影響されることでホルモンの分泌が正常でなくなることでニキビが出来てしまう事があります。
sutores.jpg
特に10代のニキビは規則正しいストレスのない生活を送っていても、成長ホルモンによって過剰に皮脂が分泌されることからニキビが発生しやすくなっています。

大人ニキビの主な原因は生活習慣やストレスもありますが、女性なら生理周期が関係してきます。

生理2週間前の排卵期は女性ホルモンが乱れやすいため、よりニキビが出来やすい時期になります。


ニキビが出来る原因が分かれば、普段の生活を見直したり、肌を丁寧にケアするようにできるのではないでしょうか?

お手入れや治療とともに自分のライフスタイルや心の状態を探り、自分のニキビの原因を探してみてください。