【要注意!?】ニキビ潰して大丈夫?潰すタイミング・方法・やり方!

HOME > ニキビに関する悩みを解決 > 【要注意!?】ニキビ潰して大丈夫?潰すタイミング・方法・やり方!

にきびを潰しても良いのか?潰すタイミングや方法について

20140414113458-34S.jpg

ニキビが出来ると目立つの消したいが為についつい潰してしまいたくなりますよね。
ニキビを潰しても大丈夫なのか?潰しても良いタイミングや時期はいつなのか?やり方や潰す方法について詳しくご紹介します。

ニキビは潰しても大丈夫?潰して良いタイミングについて

ニキビについて、ネットや雑誌で調べると必ず「ニキビは潰してはいけない」という注意書きが目に入ると思います。

ニキビを潰すと炎症を起こして、より肌の状態を悪化させてしまう為、一般的には「潰さない」が常識です。

ですが、段階によってはニキビは潰した方がいいのです。


大きく潰れそうなニキビがあると、目立たない状態にしたい為に、ついつい潰してしまう人も多いのではないでしょうか?

早く安全にニキビを治す為、潰してもいいタイミングを知っておいてください。

なぜニキビは潰してはいけないのか?

腫れ上がったニキビの中には細菌が沢山つまっています。

これを潰してしまえば顔に傷を作り、そこに炎症を広げてしまうため、肌の表面から内部にまで大きなダメージを与えます。


これがニキビ跡と呼ばれるものであり、ニキビが治った後も顔に傷跡のように残ってしまうのです。

ニキビを潰してもいいというのは、この細菌の固まりを破壊する手前までならOKということ。

腫れているニキビ全部を潰すのは間違いないのです。

ニキビを潰して良いタイミングと用意するもの

ニキビの先端が白くなった、初期の白ニキビが潰してもいいタイミングです。

消毒液と軟膏、用意できればコメドプッシャーがあると便利です。
img_240711_6154907_0.jpg
コメドプッシャーがなければ手でも構いませんが、念入りに手洗いをし、爪の先まで消毒をしておきましょう。

ニキビの潰し方

ニキビに触れるものは全て消毒をしなければいけません。


そして潰していいのは白い部分だけ、強く押し過ぎてニキビ全体を潰すのは危険です。
うまく潰れなかった時は無理に潰さないようにしてください。

優しく押して、ニキビの芯である皮脂の固まりだけを取り除きます。
皮脂の固まりが取り除かれればアクネ菌の増殖がおさまり、悪化せずに済むのです。

ニキビを潰した後のケア

軟膏を塗り、肌が落ち着いたらスキンケアで保湿しましょう。
771_original.jpg
特に気をつけなければいけないのは紫外線です。潰した跡はシミになりやすい為、日焼けには十分に気をつけてください。

「ニキビは潰してはいけない」と信じていた方も是非、知っておいてください。


潰れそうなニキビを触らないように気をつけていたのに、外出先で指が触れてしまい、潰れてしまったなんてことはありませんか?

安全な潰し方やタイミングを知っておけば、こんな事態も回避できます。

キレイな肌を一日も早く取り戻す為、上記を参考にタイミングや方法を間違えないように実践してみてください。

大きな赤ニキビになる前に、小さいまま治ってしまえば、ニキビの悩みも軽くなるのではないでしょうか。