【噂は嘘!?】コーヒーや紅茶を飲むとニキビが出来るって本当?

HOME > ニキビに関する悩みを解決 > 【噂は嘘!?】コーヒーや紅茶を飲むとニキビが出来るって本当?

コーヒ&紅茶とにきびに関する関係性について

coffee-beans-very-close--brewed_19-106393.jpg

コーヒー・紅茶を飲み過ぎるとニキビが出来るっていう噂を聞いた事がある方も多いとおもいます。
果たしてコーヒー・紅茶を飲むとにきびが出来るという口コミは本当なのか?関係性や注意点などについて詳しくご紹介致します。

コーヒーや紅茶を毎日の習慣にしている方はチェック

ニキビになりやすい食べ物はいくつかありますが、飲み物はどうでしょうか?もちろん糖分の入ったジュースの飲み過ぎはよくありません。

では、カフェインの入ったコーヒーや紅茶は?カフェイン=刺激物のイメージがあるので、ニキビにはよくないイメージを持つ人も多いと思います。


ですが、コーヒーや紅茶を飲むことを毎日の習慣にしている方もいるはず、我慢すべきかどうか?気になるところですよね!

カフェインが肌に悪い理由

カフェインは体内のビタミンを排出する働きがあり、体内のビタミンB群やビタミンCなどが不足すると皮脂が増加してしまいます。

皮脂が多くなれば毛穴が詰まりやすくなり、皮脂が大好物なアクネ菌が増殖することでニキビができやすくなったり、悪化する可能性が高まるのです。

コーヒーや紅茶に○○を入れているなら要注意

コーヒーや紅茶にミルクや砂糖を入れて飲む人は、より注意が必要です。
砂糖
フレッシュミルクにはトランス脂肪酸が含まれており、これはニキビができやすい脂肪分の一つです。

また、糖分は皮脂を大量に分泌させる働きがあるので、カフェインと同時にとるのはリスクが高いのです。

ブラック派も、空腹時に飲んでいるのなら注意してください。
肌は消化器官と深く関係しているため、胃腸に刺激を与えると肌に影響を及ぼします。

紅茶もニキビになりやすい?

紅茶にはカフェインが含まれているとはいえ、1杯分のカフェイン含有量はコーヒーよりは少ないです。
紅茶
また、紅茶には体を温め、血行をよくすることで肌の代謝を助ける作用があります。

リラックス効果や抗酸化防止効果も期待できるうえ、ニキビ予防に最適なビタミンとミネラルが摂取できます。

カフェインの危険性以上にニキビ肌には嬉しい効能が多いことから、どちらかといえばお勧めできる飲み物です。

ただし過剰な摂取は厳禁ですし、コーヒー同様にミルクや砂糖には気をつけましょう。特に市販のミルクティーなどは大量のトランス脂肪酸と糖分が含まれているので、より注意が必要です。

コーヒーや紅茶を常識の範囲内で楽しむぶんにはいいのですが、やはり飲み過ぎはよくないもの。

つい何杯も飲み過ぎてしまう人は習慣を改めた方が、お肌にとっては良いことでしょう。カフェインは依存性が高いので、急に止めることは難しい人もいると思います。

その場合、カフェインレスコーヒーに切り替えれば、摂取するカフェインを大幅にカットできますし、我慢するストレスを抱えることもなく安心ではないでしょうか?

特にニキビがひどい時は、早く治す為にも是非控えてみてください。

悪化せず、いつもより治りが早ければ、ニキビの原因はカフェインだったのかもしれません。